うつ病と診断されたら最初にやるべきこと!

悩む男性

うつ病の原因のストレス

うつ病と診断される主な原因は、ストレスです。そのストレスには4種類あることはご存知でしょうか。ストレスの種類を理解することで、今の自分に必要な対処法が見えてきます。そのストレスの種類について紹介します。

レディ

うつ病の体験談と克服について

うつ病と診断されても周りの協力があれば、早く克服することも可能です。また、体験談を聞くことで克服する方法が見えてきます。ここではどうやって克服したのか体験談を元に紹介していきます。

大事な方に協力依頼

男女

もし、うつと診断されたらすごくショックになるでしょう。しかし、安心してください。そのまま放置していたらもっと悪化していたのかもしれません。うつ病を克服するためには早期発見が重要なカギとなります。少しでもうつっぽいなと思ったら、専門クリニックに診断をしてもらうことをオススメします。
うつ病と診断されたら、最初にしてほしいことがあります。それは「セカンドオピニオン」です。最初に診断されたら疑いましょう。中には薬を飲まなくても改善できるくらい軽い症状の方もいます。そのため診断を確定するためにもセカンドオピニオンは必要なのです。それとセカンドオピニオンをする際は、できるだけ、ご家族に協力をお願いして同伴してもらいましょう。客観的に家族に見てもらうことと、うつ病と診断確定したときに一緒に治療方法を聞くこともできます。うつ病には家族の協力が必要になるので、万が一うつ病になったら同伴してほしいと事前に話をしておきましょう。

次に、うつ病になった場合して欲しいことは「できるだけ周りに話をする」ことです。これはすごく言いづらいことですが、症状の悪化する原因は対人関係も大きく関わってきます。そのため周りの方にも症状について理解してもらう必要があります。例えば、あなたの親友や家族がうつ病になったと聞いたら、しっかりサポートするでしょう。うつ病のことを隠していたら「なんで隠してたんだよ」と思う方が多いと思います。それと同じで、もし診断されたら打ち明けることも大事です。隠すことでストレスになり悪化を手助けすることになります。でも、むやみに周りに言うことは避けましょう。大事な方にサポートしてもらえるだけで大きな支えになります。
仕事をしている方は上司にも相談しましょう。今後どうしていくのか決めるためです。会社を休んで治療に専念できるのか、負担の掛からない場所に部署異動できるのかなど、相談に乗ってくれるでしょう。辛いでしょうが今後のためにも相談はしてください。辛いことは先に終わらせて、ストレスを0の状態で治療を受けるようにしてください。一人で悩まず、家族や友人、会社の上司に話をすることで理解者が増えサポート体制が万全になり、回復するスピードも上がります。

聴診器

自己診断と接し方について

うつ病なのかもしれないと思ったら自己チェックしましょう。それを元に専門クリニックにいく必要があるのか調べることができます。また、周りの方がうつ病と診断された時の接し方についても紹介しているので参考にしてみてください。

女医

アナタのうつ病に合う療法

克服するためには2種類の治療方法があります。うつ病の症状であるマイナス思考を治す治療、薬で体内から正常にする治療です。もし診断されても悲観的にならないでください。これらの治療で克服できます。