うつ病と診断されたら最初にやるべきこと!

うつ病の原因のストレス

悩む男性

うつ病はストレスが大きな原因になります。そのストレスには「社会的ストレス」「心理的ストレス」「環境的ストレス」「身体的ストレス」の4つがあります。その種類別の特徴について紹介しましょう。まず1つ目は社会的ストレスです。会社や学校などで人間関係や仕事や受験でのプレッシャーが原因のストレスのことを言います。このストレスに悩まされる方の特徴としてまじめで几帳面、責任感の強い方に多くみられます。一人で何とかしようと頑張った結果、社会的ストレスが積み重なり、うつと診断されるケースがあります。2つ目は心理的ストレスです。将来に対する不安や自信喪失、ほかには大事な家族や親しい友人との死別や離婚が原因になることもあります。感情を抑制してしまうことで心理的ストレスになるため、うつ病と診断された場合は改善するのに苦労するでしょう。だからこそ、自分の感情が出せる場所を作ることが大切になります。3つ目は環境的ストレスです。これは転勤族の方や女性に多いです。転勤で新たな環境に馴染めずストレスになったり、結婚や出産で生活の変化に対応できなかったりすると環境的ストレスを溜めてしまうのです。また、それ以外でも慣れないことをしたときにも環境的ストレスを感じてしまいます。そのため、自分自身の身の回りの環境を一度見直して、一つずつ改善することをオススメします。最後の4つ目が身体的ストレスです。このストレスで悩む方に多いのがガンや脳梗塞、心筋梗塞の病気を抱えた方です。病気を抱えるだけで身体的ストレスは常に掛かっています。また、治療に必要な薬が脳に影響を及ぼしてストレスが積み重なり、うつ病と診断されるケースが多々あります。ほかにも運動不足もストレスになります。そういった方は定期的に軽い運動をして発散しましょう。

上記で紹介したストレスの種類に共通して言えることが「今の現状を理解すること」です。今はどのストレスが自分に積み重なっているのかを客観的に理解することで、心の負担は軽減されることでしょう。今の自分を受け入れ、改善するためにどうするか家族や友人、医者と相談することが大切です。趣味などで解決できるストレスなら良いですが、解決できないときはうつ病の専門クリニックで診察してもらうことが良いです。万が一診断確定しても、焦らず家族や親しい方に相談もして下さい。自分のストレスを周りに知ってもらうことで、同じように悩んでいた方のアドバイスや対処法など聞ける場合があるので、悩む前に相談してください。