うつ病と診断されたら最初にやるべきこと!

アナタのうつ病に合う療法

女医

うつ病と診断されたら治療を進めていきます。症状によって様々な治療方法があります。薬の作用でうつ症状を抑える薬物療法と、マイナス思考を治す精神療法の2種類がメインです。この2種類の治療方法の特徴と効果について詳しく紹介します。
最初に1つ目の薬物療法についてです。病気を治すためには薬の力は必要不可欠です。薬の効果としては、脳の神経に情報伝達する部分の乱れがうつ症状の原因です。その伝達の乱れを、薬の力で正常に調節してくれます。しかし、うつ病の薬に抵抗感がある方が多くいます。ですが、うつ病はカラダの異常を正常に治さないといけません。抵抗があるかもしれませんが、しっかり克服するためにも薬物療法は必要になってきます。しかし、薬物療法には欠点があります。それは薬の副作用です。副作用で多いのが便秘や下痢、他には吐き気やむかつきなどの消化器系に現れます。薬の種類によっては口が渇く副作用もあるそうです。ですが、安心して欲しいのがずっと副作用が続くわけではなく約1~2週間で自然と消えます。もし服用して副作用期間を過ぎても気になるようでしたら専門クリニックにいきましょう。

2つ目の精神療法について紹介します。うつ病には、マイナス思考になるという症状があります。マイナス思考になると、何をしても意欲がわかず、医者から予防方法を説明されても受け入れてくれなくなります。せっかく克服することができるアドバイスも意味がなくなってしまいます。精神療法ではそのマイナス思考を改善する治療をします。他には、患者の悩みや症状を医者に話をして共感をしてもらうことで安心感を与える指示的精神療法。それと、対人関係が原因のうつ病に関しては、症状に影響のある人との関係性を洗い出し、その人とどういう関係を築けば良いのか対処方法を習う、精神療法があります。原因によって療法は変わるので、自分の症状をしっかり理解して下さい。もし診断確定したら、症状と今の悩みをしっかり医者に話して、今後の治療方針について相談しましょう。

2つの療法をする前に、一番必要なことがあります。それは十分な休養です。うつ病は責任感の強い方が診断確定することが多いと言われています。そのため、責任感が強いから休息を取ろうとしない方が多く見られます。そうすることで症状はどんどん悪化して、軽度だったのが重度になる可能性もないとは言えません。仕事や学校を休めないと思っている方には「今は休んで欲しい」という思いをしっかりと伝えるのです。家族から休んで欲しいと言われるだけで、心の負担は軽減します。ですが、お子様がいる女性が診断確定した場合は別です。育児や掃除、炊事や洗濯といった日頃の家事に追われていては、しっかりとした休養をすることができません。そういったときは入院をするという選択もあります。家事のストレスから逃れ、治療に専念できる環境を作ることも大事です。また、その間は夫や大きなお子様がいる家庭なら、母の必要性が身にしみてわかるでしょう。家族で一丸となって克服に向かって進むことができます。